スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイト感想

2008-10-10 16:31

今さらですが夕べ、大急ぎでダークナイト観てきた。
「空いてから行こう」と思っててよく見逃すので、この時期になって大慌てでいったよ。
延びなきゃ今日くらいで終わりだね。

にしても、ジョーカーかっこよす!!!!
うわさには聞いてましたが、とてもいいジョーカーだった。

以下ネタバレ有り。伏せます。

このジョーカー、歩く姿や、周囲を見回したり肩をすくめるような仕草など、細かい演技がいちいち病んでそうで
せわしなく落ち着かない感じが、クレイジーながらも、小物っぽいようにすら見えるのだが、
それでいて突然悪役笑いも止めて怖いぐらい一心不乱に物理攻撃したり、
バットマンが人を殺せないと踏んだ上ではあるが、ヒーローに迫力勝ちしてしまう等、ちょっと不思議な印象の悪役になっています。

ティムバートン版の悪役たちと違って、悲劇っぽさや身近な感じもほとんどしない。
ペンギンなんて可哀相で可哀相で、言いたいことも良くわかるキャラだったが、
こっちのジョーカーは具体的なトラウマは描かれないし、自分の動機すらどうでも良さそうな風でもあり、何を考えているのか計り知れない。
「とにかく嫌な事をする」という一点において、ある意味ストイックな印象すら受けた。
ネウロじゃないが、「悪意」だけが特殊進化した人というのはホントはこういう感じじゃないだろうか。

「そのボタンを押したら向こうの船が吹き飛ぶぞ」という展開になったとき、
当然、一般人がボタンを押して一般人の船が吹き飛ぶ、という展開になるんじゃないかと思った。
でもこういう映画で罪なき一般人が大量死というのはマズイ。であれば
一般人が押す直前に、罪人の船が押す押さないの言い争いからパニックになって、
パニックの中、誰にともなくスイッチが押されて、罪人の船が爆発→ 一般人がそれを見て気付き、ボタン押さずに済む
という展開かなー、とかボンヤリ考えながら見ていた。
後者は映画だからということを踏まえての予想なので、どちらかと言うと前者が私の期待した展開であり、
それまでのジョーカーの誘導ゼリフから見ても、彼のシナリオもそうだったのではないか。
それであの結果というのは、あそこまでやってきた映画としては随分キレイ事くさいなー、という印象を持ったし、あまりリアルだとも思えなかった。

これ見てて私と同じように感じた人はけっこういると思うけれど、
「キレイごと言いやがる」 と感じた奴はそのとき間違いなくバットマンよりはジョーカーに近い目で世界を見ているわけで、
だからってジョーカー側だぜと偽悪ぶって悦に入れるほどジョーカー様の思想は凡人向けでもなく、
ただキレイ事と感じた私自身の醜さをもって人間の本性を見せられた気分だ。
意図的にそう作ってるとしたらかなり怖い。ジョーカー様の最後の嫌がらせが、見ている人間に向かっているのだから。


それはともかくこのカリスマジョーカーがもう見れないというのは非常ーーーーに悔やまれる。
と思って、昨日レンタルDVD屋に寄って、この人が演ってるブロークバックマウンテンを探したら、
作品紹介の札に、BLゲームのチラシかなんかの切抜きの、きらっきらのアニメ絵が貼ってあって、怯んで借りれませんでした。
今さらこれしきで怯むとは・・・オタ失格だ・・・

コメント

管理者にだけ表示を許可する

 

★twitter★

 

   

竹書房 まんがライフWinにて連載中

 

プロフィール

高内優向

Author:高内優向
漫画家・イラストレーター。
詳しくはコチラ↓
イガイガオンライン

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。