スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
photo.jpg
↑プルプルする素材で出来ています・・・

昨日は、お友達サークルさんとエイリアン展を見てきました。
入ってしょっぱな、ギーガーのあれの実物大フィギュアやら、解剖フィルムや写真の人形が展示されていて、そういう趣旨かとワクワクしたんですが、
後半は意外と真面目に学術的な話でした。
まあ都がやってるんだしね・・・
でも十分面白かったです。

全宇宙には、確立で言うと1億個ぐらいは地球と同じ環境の星があるそうで、そういう話を聞いた後にプラネタリウムを見ると、なんだかとってもグレンラガンな気分でよろしい。
でもプラネタリウムのプログラムは、アートっぽくして失敗したような感じで、タルくてしゃらくさかった。
他の常設展示がどれも良かったので、そこだけ残念ポイントです。

初めて行ったんですが科学未来館、良いですね。
キレイで広いし、展示方法もデザインも凝っていて、それだけ見ていても楽しいです。
触って遊べる系の展示物の多さと、スタッフ人数の充実ぶりで、家族客狙いまくり。

それはともかく、ここで上映されていた解剖映像、
内臓は丸出しなのに、白黒の映りの悪い映像に、ワザワザ局部だけモザイクを入れていたのが気になって気になって。
どういう基準なんだか。
昔、ムンク展で、ムンク本人の全裸セルフポートレイトか何かの股間がバッチリ黒塗りされていて、
それまでお上品に絵画鑑賞してた客が、突然怪訝な顔をしたり、思わず吹き出したりしてたのを思い出しました。
都の基準なんだろうけど、やっぱりちょっとバランスおかしいんじゃないだろうか。
ていうか、たぶん作品として撮ってるムンクにそれは失礼なんじゃないのか。


局部で思い出しましたけど、締め切り後ぼちぼちモンハンをして、
妹と二人必死でGザザミに立ち向かい、初のG級装備を揃えたのですが、
さてこれでなにかオススメのスキルとか配色とかないかねと、「ザザミX」で検索したら、
脚装備の色変更で ぱんつを肌色にする記事ばっかし出てきたました。
みんなバカだなあ。
もちろん試しましたが。

コメント

管理者にだけ表示を許可する

 

★twitter★

 

   

竹書房 まんがライフWinにて連載中

 

プロフィール

高内優向

Author:高内優向
漫画家・イラストレーター。
詳しくはコチラ↓
イガイガオンライン

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。