スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンクリお疲れ様でございましたー。やっぱりイベントはいいですね!
来て下さった皆様、お話してくださった皆様ありがとうございました。楽しかったです。
ドラクエ本はお昼過ぎ頃になくなって、全然足りない程の事態ではないが、やはりちょっと足りなかった感じですね・・・
正直、男性向けイベントで、男キャラがあまりに目立ってる本は売れるハズないと思い込んでいたので、機会を自らの偏見のために潰してしまったようで残念です。

んで、委託と冬コミもしくはその後のドラクエオンリー参加まで視野に入れ加筆修正でオフ化するか、このままピクシブにでも投下するかと、ちょっと考えています。
地味な漫画ながら自分的にそこそこ気に入ってるのでもう少し人に見てもらいたいのと、ぶっちゃけこのままだと本来の師匠ファン層(たぶんほぼ女性)にほとんど見てもらえてないだろうというのがあるので。
でも一度お金取っちゃったからには直後のWeb投下はヨクナイだろうし、漫画を描くより印刷屋さんで何か作るのがむしろシュミという人間としては、やはりイイ紙で本にしておきたいというのもある。やっぱ刷るかなあ・・・うーん。

というわけで、もしココ見てる方でどの方法がイイだろうとかご意見やアドバイス等ありましたら、拍手ででもなんでもお伝え頂けると とても嬉しいです。


さて、ナナドラペーパーも漫画入りのやつが間に合って、ドラクエに興味ない人にもなんとかお見せできるものがあってヨカッタヨカッタというところ。
ぶっちゃけ本文まだアレしかできてないけどね。仕事と被るので急げ急げ。
スポンサーサイト

サンクリ頒布物詳細

2009-09-24 16:52


大体できたので上げる。

サンクリ新刊予定
「あの日、イザヤール様と。」
コピー本 予価 たぶん200円

ドラクエ9本です。
内容は、幼い女主人公と親バカ師匠のウォルロ村近辺での修行風景。
過ぎ去りし穏やかな日々・・・的な妄想。
平たく言えば幼女とハゲとスライムが戯れるほのぼの漫画。
誰得?
お れ だ よ !!!

主人公は、デフォルトのピンク髪女主人公です。
まあこの絵柄なんでもうどの主人公かなんてわかりませんけども
あと、セリフは一切しゃべりません。セリフ無し漫画です。
元々主人公が喋らない上に外見まで自由なゲームなのでこうしてみました。

以下本文見本。
iza1.jpg
iza3.jpg

上のページほのぼのしてないけど気のせい。
あとは、これからみみけっと用ナナドラの原稿をできるとこまでやって、そんでプレビューをのっけたペーパーを「ご自由にお取り下さい」にする予定です。
一応既刊の鬱姫本も自スペでのイベント売りはまだ2回目ですので、ひとつヨロシクということで貼っておく。
スペースはナナドラでとってるんで、目印ポスターとかはナナドラになります。

utu.jpg
既刊
「うつうつ姫日記」 500円

他、創作既刊数種 持込み予定。
グッズはありません。
スペースは、 A23ホール K16b になります。
ではではーーよろしく。

オタク日和

2009-09-22 06:25

妹が水張りに使って放置した「万能ハケ」の字が「万年ハゲ」に見えた高内ですオハヨウございます。

昨日はドラクエのオンリーイベントにとうとう行っちまっただよ。
完全一般、完全買い専参加って数年ぶりだなあ。たぶんネウロ以来。
まあとにかく買ってまいりましたよ。

イザヤール師匠が出てる本、ほぼすべて絨毯爆撃で。

・・・いや、特に最初から絨毯爆撃のつもりで行ったわけではなく、結果的にという感じなので買い逃しもあるかもしれないが、まあほぼ全部に近い勢いです。
女性向け傾向だからか同人ジャンルとしては大人し目だからなのか、本が安めな印象だったのもあって・・・
と言ってもナナドラオンリーで買ったのと同じ程度ですかね。あっちは絨毯とはいかなかったけど。
しかしまあ、師匠に頭髪さえあれば今頃、絨毯できないくらいには本が出たんじゃないかと正直ちょっと思うが(ノーマルBL込みで)
だがもし師匠がスキンヘッドじゃなかったら私はたぶん特にモエてないだろうから、仕方ない。

イベントの印象としては、小規模ながらコスプレ率が高くたのしげな雰囲気でした。
親子コスプレとかが居るのはさすがにドラクエだなあと、歴史を想いちょっとシミジミきます。
当然すれ違い通信も入れ食い。早速デスタムーアの地図も入手!!

さらに帰りにアキバで降りて、とらのあなで一般向や男性向を数冊、金額的にはオンリーと同額近く購入・・・
そして合流した友人達(観光)とメイド喫茶行ってフィギュア見て帰宅。
珍しく、ずいぶんと充実したオタクデイでした。


そんなわけで、サンクリ新刊は半ば突発的ドラクエ9本と、できればみみけ用ナナドラ本のプレビューペーパーを用意できればと思っています。
シナリオはもうどっちも出来てるけど、描くのは今からだからどっちもコピーかな。
ハゲが出張る本を男性向けイベントで出すのはハッキリ言って誰得かと思うが、創作でハゲが出張る本も描いてきたので、まあいつも通りといえばいつも通りでしょう。
キニシナーイ。


以下拍手レスー

☆+。「オタク日和」の続きを読む。+☆

ゲーム話

2009-09-13 07:02

最近1時間に1回はモンハン3の事を考えてしまう毎日です。
もう、すごいやりたい。ギギネブ見たい。海の上のおうちに住みたい。
今のところはまだ30分に1回イザヤール師匠のことを考えていられるのでガマンできてますが、ドラクエ配信ペースがけっこうマッタリなので、もしかするとガマンできなくなってリアルな方のファンタジー世界に行きたくなっちゃうかも分からん。

問題はハマったときの時間のことと、wiiで欲しい物があとはナイツ位しか無い事だなー。
PSPのときもこうして迷い続けたのだから、まあまだ気長に迷っておこうかな、と思います。

ドラクエはもう、一日数分~数十分ずつグダグダやっています。
モンハンでもけっこうそうだったんですけど、同じ位のプレイ時間の人と比べてだいぶ戦闘の回数が少ないようです(すれ違い調べ)。
なんでかっていうと、ただあの世界にグダグダ居るのが好きなんだよ。
モンハンの場合は意味無く森丘や密林を散歩したり、肉を焼いたり景色眺めたり猫を眺めたり、
今回のドラクエの場合は、意味無くステルスかけて野山に戯れるモンスターたちをウフフアハハと眺めたりしている(でもステルスしないで歩いてるときに、ビックリマークを出して硬直ブルブルするメガザルロックのかわいさは異常)。

やりこみたいワケじゃない。ただもう少しこの世界に居たいの。という遊び方。
・・・こうして書くとすっごいカワイソウな感じだな・・・
別に現実の世界もキライな方ではないですけどね。オタとしては多分。
ナナドラは世界観よりはキャラ惚れが強かったので、それほどウロウロし続けることはなかったんですけど。
あー、でもあれは「ウロウロ=フロワロ踏み」になるから、無駄に過ごしてる気がしないだけかもね。

以下一回飛ばしてしまいましたが今さらながら拍手レス

☆+。「ゲーム話」の続きを読む。+☆

くぎゅー

2009-09-05 06:38

tes.jpg
http://www.animate.tv/other/radio/idolmaster_ps/imas_sp_exa_uaedx.html

明日になっちゃいましたが「アイドルマスター P.S.プロデューサー」 公開録音イベントにて
記念グッズとして販売されますファンブックに、イラストを2P描かせて頂いております。

わたくし個人的には女子キャライラスト系仕事第二段!というワケで喜んでお受けしたんですが、
発表されてみれば他の作家さん方は皆様もともとアイマス同人で有名な方ばかりみたいなんで、ちょっと場違いだった感じです・・・

しかもキャラは、イベント内容と関係なく自分の好きな子を優先したため
伊織・やよい・真。
さらに趣味に走って、服は全員ナイトメアブラッド(あきまんデザインの赤いやつ)。
その上、メインにした伊織のポーズの開脚具合がバンナムチェックに引っかかって修正という、3重の狼藉ぶり。

・・・ちょっと、自分に正直になりすぎた感・・・
そんなわけで気恥ずかしいので、ココにはやよいを載せる・・・

それにしても
釘宮声のキャラとか釘宮声っぽい性格のキャラとか釘宮声だったらイイなという外見のキャラは大体好みと言うことが最近わかってきた自分。
何が言いたいかと言うと釘宮声は日本の至宝という事。



・・・えー
お話変わりまして今後の同人予定ですが
今月のサンクリ後は、10月みみけっと、11月ぷにけっと、と 立て続けに申込みしてあります。
もちろんその後は11月コミティア。

なんでそんなことになってるのかというと、この夏、コミケに落ちても、代わりとして楽しめる場を用意しておく事の大切さを思い知ったからです・・・
コミケに落ちたらみみけ、みみけも落ちたらぷにけ・・・と。
まあどっちも結局抽選にはならなかったみたいなんですが、アグリゲートは抽選だったので念のためという感じで、ドカドカ申し込んでしまった。
落選のトラウマは、そこまで人を卑屈にするのだよ・・・

みみけっと内のセブンスドラゴンオンリーにナナドラの新しい本は出したいな、という気持ち。
サンクリも、考えてるものはあるけど未定。

もにゃもにゃ考えてるものはあるんですけど
もにゃもにゃのまま終わっていくもの多くて、どうしようかな。

★twitter★

 

   

竹書房 まんがライフWinにて連載中

 

プロフィール

高内優向

Author:高内優向
漫画家・イラストレーター。
詳しくはコチラ↓
イガイガオンライン

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。